検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E1995100015

登録(調査)年月

1995年10月現在

報告書等題名

パートタイム労働者の雇用に関する調査研究報告書

研究テーマ

パートタイム労働者の雇用に関する調査研究

分類

労働政策一般(社会政策を含む)
雇用政策
女性労働政策
パート・派遣等労働問題

実施組織名

兵庫県立労働経済研究所

研究参加者

安田 茂弘、田口 堯久、横山 正博、大原 千秋、赤岡 功、村杉 健

研究期間開始

1994年04月

研究期間終了

1995年03月

報告書等

発表年月発表年月
1995年03月発表
発行元発行元
兵庫県立労働経済研究所
判型/ページ数判型/ページ数
A4判/89
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

 パートタイム労働法施行後の県内企業におけるパートタイム労働の実態と、パートタイム労働者の考え方を把握し、パートタイム労働を魅力ある働き方の一つとして充実させることを検討するための調査研究である。県内に本社をおく30人以上の企業1,000社(回収396)、および145社に勤務するパートタイム労働者1,520人(回収626)を対象にアンケート調査を行った。調査事項は、企業については、パートタイム労働者の雇用状況、労働条件、労働環境等の整備、育児休業・介護休業、今後の雇用方針、パートタイム労働者活用のための課題など、労働者については、属性、職場状況、勤務時間帯、パートタイム労働を選んだ理由、労働条件・就業環境への要望、職場での充足感、今後の進路などである。

目次

第1章 調査研究の背景
第2章 企業調査の結果
第3章 従業員調査の結果
第4章 パートタイム労働に関する提言

問い合わせ先

兵庫県立労働経済研究所

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
アンケート調査、訪問調査
調査対象等調査対象等
県内企業 1,000社
県内企業に勤務するパートタイム勤労者 1,520人
調査開始調査開始
1994年08月
調査終了調査終了
1994年09月
調査事項調査事項
企業調査=パートタイム労働者の雇用状況、労働条件、労働環境等の整備、育児休業・介護休業、今後の雇用方針、パートタイム労働者活用のための課題、従業員調査=属性、職場状況、勤務時間帯、パート労働を選んだ理由、労働条件・就業環境への要望、職場での充足感、今後の進路等

データ形状

磁気テープ
利用の可否利用の可否
不可

情報入手方法

アンケート
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.