検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000011213

登録(調査)年月

2000年01月現在

報告書等題名

家内労働調査結果報告 昭和61年度

分類

女性労働問題

実施組織名

労働省婦人局

研究期間開始

1986年10月

研究期間終了

1987年04月

報告書等

発表年月発表年月
1987年04月発表
発行元発行元
労働省婦人局
判型/ページ数判型/ページ数
B5判/32
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

本調査は、全国の家内労働者約108万人の中から一定の率で抽出した約4,000人を対象に、家内労働者、委託者の実態について調査したものである。調査結果によると、家内労働者の内訳は「専業的家内労働者」が約7万人、「内職的家内労働者」が約100万人、「副業的家内労働者」が約1万人となっている。家内労働者全体の平均年齢は45.1歳で、男子が52.8歳、女子が44.8歳である。平均経験年数は、全体で8年8か月、男子は21年11か月、女子は8年である。1か月の平均就業日数は20.5日、男子23.2日、女子20.4日、1日当たり平均就業時間は6.0時間、男子9.4時間、女子5.8時間となっている。

目次

1 調査の概要
2 家内労働概況調査結果
 1 家内労働者の概況
  (1)家内労働者数
  (2)性別構成
  (3)類型別構成
  (4)都道府県別構成
  (5)業種別構成
 2 委託者の概況
3 家内労働実態調査結果
 1 内労働者調査結果の概要
  1 家内労働者の属性について
   (1)年齢および性
   (2)経験年数
   (3)世帯主との関係
   (4)世帯主の職業および月収額(家内労働者が世帯主の妻の場合)
  2 家内労働者の就業日数および就業時間数について
   (1)1ケ月当たりの就業日数
   (2)1日当たりの就業時間数
   (3)仕事量の変動とその理由
   (4)仕事量の変動の推移
  3 家内労働者の工賃について
   (1)1ケ月当たりの工賃額
   (2)1時間当たりの工賃額
   (3)工賃の支払い場所
   (4)工賃の支払い方法
  4 原材料、加工品の受渡し場所について
  5 委託契約の方法について
  6 機械・物質の使用状況について
  7 危害防止措置状況について
  8 危害防止措置状況と災害発生について
  9 ヒヤリ・ハット経験について

問い合わせ先

厚生労働省 雇用均等・児童家庭局

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
通信調査
調査対象等調査対象等
全国の家内労働者の中から抽出した約4,000人
調査開始調査開始
1986年10月
調査終了調査終了
1987年04月
調査事項調査事項
家内労働者属性、就業日数・時間、工賃、原材料、加工品の受渡し場所、委託契約の方法、機械・物質の使用状況、危害防止措置状況、災害発生状況、ヒヤリ・ハット経験について

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.