検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000011594

登録(調査)年月

2000年01月現在

報告書等題名

育児に関する女子労働者のニーズ調査-結果報告書-

分類

女性労働問題

実施組織名

財団法人 婦人少年協会

研究参加者

財団法人 婦人少年協会

研究期間終了

1991年03月

報告書等

発表年月発表年月
1991年03月発表
判型/ページ数判型/ページ数
B5判/45
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

女子労働者の育児休業取得状況、育児休業に対する考え方、育児と仕事の両立支援策に関するニーズ等の実態及び健康状況に関するアンケート調査をまとめたもの。調査対象は、過去5年以内に出産した者で、出産前から継続して当該企業に勤務している者6,000人(回答1,943)、調査事項は、属性(職種、勤務形態、通勤時間、週休制、家族構成、配偶者の職業)、育児休業取得の有無、取得者について理由・期間、取得しなかった者について理由・保育方法等、育児と仕事両立支援策に関するニーズ(企業内の制度、国など公共の施策)である。育児休暇を取得した者は60%。その理由は「子供には母親が必要」と「仕事を続けたかった」が多数を占める。取得しなかった者40%の理由は「子供の面倒を見てくれる人がいた」が2/3、「経済的に苦しくなる。」が44%、「同僚に迷惑をかけたくなかった」が35%である。

問い合わせ先

財団法人 婦人少年協会

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
アンケート調査
調査対象等調査対象等
常用の女子労働者のうち過去5年以内に出産した者で出産前から継続して当該企業に勤務している者6,000人。
調査開始調査開始
1991年01月
調査終了調査終了
1991年01月
調査事項調査事項
属性、育児休業取得の有無、その理由等

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.