検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000011638

登録(調査)年月

2000年01月現在

シリーズ名

職研調査研究報告書 No.46

報告書等題名

女性の職場進出と家族機能の変化に関する調査研究報告書

分類

女性労働問題

実施組織名

雇用職業総合研究所

研究参加者

袖井 孝子、中野 洋恵、長津 美代子、岡村 清子

研究期間終了

1985年03月

報告書等

発表年月発表年月
1985年03月発表
判型/ページ数判型/ページ数
B5判/88
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

婦人の職場進出が続き、いまや主婦の3人に1人が家庭の外で働く雇用者である。又、女子雇用者中に占める有配偶者の割合も6割に達している。このような職場進出は、一方で家庭生活との調和をどのようにはかるかが問われている。本研究は、文献及び既存の調査資料等を用いて、家族機能の歴史的変化を明らかにし、更に文献研究にもとづいて設定された枠組みにしたがって詳細な事例調査を行い、現代の働く女性の家族機能の実態と、遂行上の問題点を明らかにしたものである。

目次

第1章 研究の概要
 1 研究の目的
 2 家族機能をとらえる視角
 3 家族機能の時代的変遷
  A 家父長制的直系家族
  B 近代的都市中流(核)家族
  C 現代的都市中流(核)家族
 4 調査の枠組み
 5 調査の概要
  1 調査方法
  2 調査時期
  3 調査対象者
  4 調査項目
  5 調査対象者の基本的属性
 6 調査結果の概要
  1 調査対象者
  2 生活維持機能
  3 基礎的機能
第2章 夫婦関係
 1 夫婦間のコミュケーション
 2 仕事に対する理解
 3 家事分担
 4 ストレス
 5 夫婦の機器
第3章 親子関係
 1 子供の保育歴
 2 産休期間、育児時間、育児休業の状況
 3 子供の発達と親子関係
 4 親の老後、自分の老後
第4章 家事労働-ライフステージ別にみた役割分担、家事内容、合理化の実態
 1 ステージ1-1-末子が3歳未満である10ケースの分析
 2 ステージ1-2-末子が3歳以上の未就学児である10ケースの分析
 3 ステージ2-末子が小学生の13ケースの分析-
 4 ステージ3・ステージ4-末子が中・高校生の4ケースと、末子が大学生・社会人の7ケースの分析-
第5章 事例紹介

問い合わせ先

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
事例調査

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.