検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000011674

登録(調査)年月

2000年01月現在

報告書等題名

民間産業における婦人労働者の実態調査結果報告書

分類

女性労働問題

実施組織名

政策推進労組会議

研究期間終了

1982年01月

報告書等

発表年月発表年月
1982年01月発表
判型/ページ数判型/ページ数
B5判/212
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

昭和50年の国際婦人年を契機に、男女平等、婦人の地位向上をはじめ、婦人問題に対する論議が高まり、一部改善の動きはあったが、課題はまだ数多く残されている。諸政策を推進させるためには、変化する婦人の意識、婦人労働の実態、労働現場の姿等を正しくとらえることが重要である。そこで、婦人労働者の労働実態とその職業意識を明らかにするため、政策推進労組会議傘下の31単産を対象に調査し13667名(うちパートタイマー1101名)の回答を得て集計・分析したものである。調査事項は、次の4つの問題領域にわたる50問であった。1)職場生活の実態とそれをめぐる意識、2)休暇の取得状況と母性保護の実態、3)家庭と職場をめぐる意識、4)職業継続の上での必要な条件。

目次

調査結果の概要
第1部 フルタイマーの職業・労働問題
 序章 分析対象者の構成
 第1章 職場の実態と職業生活の将来展望
 第2章 休暇と母性保護
 第3章 職業と家庭
 第4章 職業継続の上で必要な条件
第2部 パートタイマーの職業・労働問題
 1 分析対象者の構成
 2 現在の職場の労働実態と今後の改善課題
 3 職業労働意識と家庭生活

問い合わせ先

政策推進労組会議

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
アンケート調査
調査対象等調査対象等
政策推進労組会議傘下の31単産所属の13667名
調査事項調査事項
現在の職場の労働実態と今後の改善課題に関する事項

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.