検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000011695

登録(調査)年月

2000年01月現在

シリーズ名

職研調査研究報告書 No.32

報告書等題名

1983年職業移動と経歴(女子)調査報告書(中間報告)

分類

労働移動
女性労働問題
職業社会

実施組織名

雇用職業総合研究所

研究参加者

徳田 英明、今田 幸子、岡本 英雄

研究期間終了

1984年03月

報告書等

発表年月発表年月
1984年03月発表
判型/ページ数判型/ページ数
B5判/114
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

女子の職業経歴は、学校卒業・結婚・出産・育児・育児からの開放など、人生の各ステージと深く関連している。そして、女性の就業をめぐる問題は、そうしたライフステージの経過に伴って様々に出現する。本調査研究は、日本人の職業経歴の構造を明らかにすることを目的とし、1973年以来、「職業移動と経歴」調査を継続的に実施しており、全国規模のサンプリング調査で、学校卒業後、個々人がたどった職業上の様々な移動(勤め先、職種、業種、役職などの移動)について、職歴表という標準形式を用い、調査員が直接面接してデータを収集している。本書は、その第2回目の女子調査の中間報告である。調査対象は、全国の25-69歳女子3000人(無作為抽出・回収2490)である。

目次

1 女子のライフ・ヒストリーと就業構造
 1 女子の職業経歴とライフ・ヒストリー
 2 ライフ・ヒストリーのプロフィール
 3 ライフ・ステージと就業
 4 就業の概要
2 就業の現状及び今後の動向
 1 有職者と無職者の状況
 2 有職者の就業状況及び今後の動向
 3 無職者の就業経験および就業志向
3 女子の職業・キャリアについての意識
 1 「ライフ・ステージと就業」についての意識
 2 「家計と就業」に関する意識
 3 パートタイマーの評価
 4 望ましいキャリア・コース
4 ライフ・ステージと労働市場への参入と退出
 1 ライフ・ステージと雇用就業率
 2 労働市場への参入と退出
 3 ライフ・ステージにおける就業を取り巻く状況

問い合わせ先

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
面接ヒアリング調査
調査対象等調査対象等
25-69歳女子3000人
調査開始調査開始
1983年02月
調査事項調査事項
職業経歴、就業意識、学校教育と職業訓練、生活歴、職業観等

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.