検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000012198

登録(調査)年月

2000年01月現在

報告書等題名

男女雇用平等モニターアンケート集計結果報告書

副題名

-男女雇用機会均等法について-

分類

女性労働問題

実施組織名

東京都労働経済局

研究期間終了

1994年10月

報告書等

発表年月発表年月
1994年10月発表
発行元発行元
東京都労働経済局
判型/ページ数判型/ページ数
A4判/28
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

平成3年度からスタートした「男女雇用平等モニター」制度は、都内在住在勤の働く男女300人のモニターに対して、男女雇用平等の推進についての意見をアンケート調査したものである。回答者は女性218人、男性70人。男女雇用機会均等法が施行されて8年が経過し、その間、労基法改正による女性労働者への保護規制の緩和、育児休業法、パートタイム労働法の施行など、法制度面での働く女性を取り巻く状況は大きく変化している。アンケート調査では、募集、採用など女性をとりまく雇用管理の状況について意見を聞いている。

目次

1 実施状況
2 質問項目と集計結果
 1 均等法制定後の女性に対する雇用改善への評価
 2 雇用管理に対する考え方
 3 自由意見
 4 集計結果

問い合わせ先

東京都労働経済局

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
アンケート調査
調査対象等調査対象等
都内に働く女性218名、男性70名
調査開始調査開始
1994年08月
調査事項調査事項
均等法制定後の女性に対する雇用改善への評価、雇用管理に対する考え方、自由意見等

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.