検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000012456

登録(調査)年月

2000年01月現在

報告書等題名

流通業で働くパート等非正規従業員の実態・意識に関する調査

分類

パート・派遣等労働問題

実施組織名

社団法人 国際産業・労働研究センター

研究期間終了

1992年09月

報告書等

発表年月発表年月
1992年09月発表
発行元発行元
社団法人 国際産業・労働研究センター
判型/ページ数判型/ページ数
B5判/176
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

流通業で働くパート等非正規従業員に関する2つの調査(平成2年調査、平成3年調査)とイギリスの小売店で働く女性パートタイマーの調査の結果をとりまとめている。平成2年調査は、商業労連加盟単組がある職場で働くパートタイマー、派遣社員、契約社員、アルバイトなど3,000人(回収1,660)を対象にその実態を調査し、平成3年調査は、商業労連加盟15単組に属するパート組合員150人を対象に意識等を電話によるインタビュー調査で行った。また、平成2年調査のアンケート調査票をベースにして、イギリスで全国展開している食料・雑貨の小売店で働く女性パートタイマー149人に面接調査を行い、その結果を日本と比較しながらとりまとめている。

目次

第1部 流通業で働くパート等非正規従業員の実態調査(平成2年度実施)
 序論 調査の概要
 第1章 流通業で働くパート等非正規従業員のプロフィール
 第2章 労働条件
 第3章 就労意識
 第4章 労働組合
第2部 流通業で働くパートタイマー組合員の実態・意識及び労働組合の活動に対する期待と満足度に関する調査(平成3年度実施)
 第1章 流通業で働くパートタイマーの実態・意識
 第2章 単組の日常活動及び力に対するパート組合員の満足度
第3部 イギリスの小売店で働く女性パートタイマーの実態・意識(平成3年度実施)
 第1章 調査対象店舗及び回答者のプロフィール
 第2章 パートタイマーの意識
 第3章 正規従業員(フルタイマー)との関係
 第4章 労働組合

問い合わせ先

社団法人 国際産業・労働研究センター

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
郵送によるアンケート調査、電話によるインタビュー調査
調査対象等調査対象等
商業労連加盟単組がある職場で働くパートタイマー、派遣・契約社員、アルバイト等3,000人、イギリスの女性パートタイマー149人他
調査開始調査開始
1991年01月
調査事項調査事項
調査対象店舗及びパートタイマーについて(パートの占める比率、勤続年数等)、賃金・労働条件・生産性についての正社員との比較、パートタイム税制について、イギリスの小売店で働く女性パートタイマーの実態・意識についての日本との比較等

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.