検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000012734

登録(調査)年月

2000年01月現在

報告書等題名

育児休業、女子再雇用、介護休職制度導入のポイント

分類

労働時間・休日休暇
女性労働問題

実施組織名

愛知県経営者協会
女子労働力活用研究委員会

研究参加者

女子労働力活用研究委員会(藤田 文子、峯沢 兼一、安江 武、石原 正、豊島 俊明、川村 康信、種村 均、佐脇 弘泰、北尾 克也)

報告書等

発表年月発表年月
1991年03月発表
発行元発行元
愛知県経営者協会
判型/ページ数判型/ページ数
B5/59
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

女子の職場進出に伴い、職業生活と家庭生活との両立を図ることが、ますます重要な課題となっている。そのためには、託児所の設置、代替要員確保のための労働者派遣法の改正、学校教育、家庭教育における就業意識、職業意識の高揚策など、、社会環境の整備が必須である。そこで、「女子労働力活用研究委員会」を発足させ、当面女子が働き続ける上で避けて通れない課題である育児休業、介護休職問題と女子再雇用制度の導入実態と運用上の留意点をまとめている。

目次

1 育児休業、女子再雇用、介護休職制度の導入にあたって
2 育児休業、女子再雇用、介護休職実態調査結果の概要
 1 育児休業制度
  参考;労働基準法に定められた母性保護措置
  参考;「育児休業」法制化の動き
 2 女子再雇用制度
 3 介護休職制度
3 育児休業、女子再雇用、介護休職制度モデル規程
4 運用上の留意点
5 育児休業、女子再雇用、介護休職実態調査結果

問い合わせ先

愛知県経営者協会

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
アンケート調査
調査対象等調査対象等
愛知県経営者協会会員企業182社
調査開始調査開始
1990年08月
調査事項調査事項
休業期間、休業期間中の賃金・社会保険料の取扱い、年次有給休暇の取扱い、退職金の取扱い、復職後の職場・職種、復職時の賃金、他

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.