検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000014123

登録(調査)年月

2000年01月現在

報告書等題名

中高年勤労者の勤労意識と実態調査報告書

分類

高齢者労働問題
労働者意識

実施組織名

名古屋市

研究期間終了

1997年03月

報告書等

発表年月発表年月
1997年03月発表
発行元発行元
名古屋市市民局市民文化部勤労福祉課
判型/ページ数判型/ページ数
A4/80
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

本調査は、高齢化が進み、勤労者をとりまく環境変化が著しい中で、中高年齢者の勤労意識と就業実態を把握し、今後の勤労者福祉施策の参考資料を得ることを目的としている。調査対象は、名古屋市内に居住する45歳以上の男女常用雇用者400人(無作為抽出)、調査方法は、調査員による訪問配布・訪問回収法。調査結果の一例をあげると、転職の可能性については、「定年まで続けて勤務したい」56%、「条件次第では転職したい」24%、「できれば転職はしたくない」18%、「すでに転職を考えている」3%であった。老後生活への準備については、男性では、「準備している」25%、「特に準備していない」75%に対して、女性では「準備している」44%、「特に準備していない」56%であった。

目次

1 調査の概要
2 回答者の特性
3 調査結果の分析
 1 就労環境について
 2 社会環境変化の捉え方
 3 余暇について
 4 生活設計や不安点について
 5 職業能力の開発について
 6 定年・再雇用について
 7 退職金について

問い合わせ先

名古屋市市民局市民文化部勤労福祉課

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
アンケート調査
調査対象等調査対象等
名古屋市内に居住する45歳以上の男女雇用者400サンプル
調査開始調査開始
1996年11月
調査事項調査事項
就労環境、社会全般、余暇、生活設計や不安点、職業能力の開発、定年・再雇用、退職金

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.