検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2000014422

登録(調査)年月

2000年01月現在

報告書等題名

1997年度 東京女性財団モニター事業報告書

分類

女性労働問題
社会

実施組織名

財団法人 東京女性財団

報告書等

発表年月発表年月
1998年03月発表
発行元発行元
財団法人 東京女性財団
判型/ページ数判型/ページ数
A4/114
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

東京女性財団が的確に事業を進めていくためには、東京都民が男女平等に関してどのようなことに疑問をもち、どのようなことを希望しているのかを知る必要があり、そのためにモニター100名(男50人、女50人)にアンケート調査を行い、その結果をとりまとめたものである。調査事項は、第1回目は、男女平等全般、財団の普及事業などについて、第2回目は、家族・家庭(選択的夫婦別姓、男女平等の視点から見た広告)など、第3回目は、男女雇用機会均等法改正関連(改正内容への関心、時間外・休日労働への男女共通の規制、女性のライフスタイルの考え方、女性の就労についての考え方)など、第4回目は、政策・方針決定の場への女性の参画(女性の参画について、参画を促進するための対策)、マスメディア(男女平等の視点から見た新聞、テレビ番組、雑誌、広告)など。

目次

1 1997年度東京女性財団モニター事業について
 1.モニター事業の実施にあたって
 2.モニターのプロフィール
 3.予備調査について
2 1997年度モニターアンケート集計結果
 1.第1回アンケート集計結果
 2.第2回アンケート集計結果
 3.第3回アンケート集計結果
 4.第4回アンケート集計結果
3 財団への要望・自由意見
4 モニター会議の記録

問い合わせ先

財団法人 東京女性財団

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
アンケート調査
調査対象等調査対象等
東京都に在住、在勤、在学する男女各50人
調査開始調査開始
1997年06月
調査終了調査終了
1997年12月
調査事項調査事項
性別、年齢、職業、配偶者、共働きの有無、居住地域、男女差別意識、男女平等観と展望、選択的夫婦別姓、男女平等の視点から見た広告、男女雇用機会均等法、女性の就労・再就職、政策・方針決定への女性の参画、マスメディアの女性偏見、当財団の認知度と今後の事業展開への提言

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.