検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2001120021

登録(調査)年月

2001年12月現在

シリーズ名

Works Institute 2001 Vol.3

報告書等題名

ワーキングパーソン調査2000 [東海]

分類

労働事情
労働移動
労働者生活

実施組織名

リクルートワークス研究所

報告書等

発表年月発表年月
2001年06月発表
発行元発行元
リクルートワークス研究所
判型/ページ数判型/ページ数
A4判/140
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

 本調査の目的は、東海(名古屋)圏で働く人々の就業に関する実態と意識、特に転職とキャリア開発を主として明らかにすることである。

目次

調査概要

part1 ワーキングパーソンの就業の現状

 1.現在の就業形態
 2.現在の就業形態満足度
 3.就業形態の受容性
 4.勤務先の業種
 5.勤務先の従業員規模
 6.勤務先の資本関係
 7.現在の役職
 8.昨年の年収
 9.賃金の変動要素
 10.フリーターの経験

part2 ワーキングパーソンの転職経験

1.転職プロセス
 1)転職経験
 2)転職回数
 3)退職の自発性
 4)転職理由
 5)転職活動の期間
 6)退職後のブランク期間
 7)転職活動社数
 8)利用情報と入職経路
 9)勤務先選択理由

2.転職前後の変化
 1)規模間移動
 2)転職前後の職種移動
 3)転職にともなう流入と流出
 4)正社員・正職員の年収変化

3.転職の評価と満足感
 1)勤務後の評価
 2)転職総合満足度

part3 ワーキングパーソンの転職意向

 1.転職意向
 2.転職活動をしていない理由
 3.転職意向理由
 4.転職先選択の重視条件
 5.転職阻害要因

part4 地域間移動・ベンチャー・独立意向

 1.Uターン転職意向
 2.Iターン転職意向
 3.ベンチャー企業への転職意向
 4.独立意向

part5 ワーキングパーソンの就業意識

 1.自分の雇用不安
 2.会社が雇用を守ることへの信頼感
 3.異動希望
 4.異動希望の理由
 5.副業意向

part6 保有資格と自己研鑽

 1.保育資格の役立ち感
 2.日常的情報収集行動
 3.学びへの取り組み
 1)学びへの取り組みの有無
 2)学びの方法
 3)学びに費やした時間
 4)学びに使った費用
 5)英会話
 6)パソコン

part7 転職希望ランキング

 1.転職したい会社
 2.業種別構成比
 3.規模別構成比

問い合わせ先

リクルートワークス研究所

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
アンケート調査
調査対象等調査対象等
名古屋30km圏内(愛知県)で正規社員・正規職員、契約社員・嘱託、派遣、パート・アルバイトとして就業している18~59歳の男女2020人(男性:1386名、女性:634名)
調査開始調査開始
2000年08月
調査終了調査終了
2000年10月
調査事項調査事項
退職理由、転職意向、転職意向理由、転職阻害要因、副業意向、異動希望理由、パソコンリテラシー、求められるパソコンリテラシーへの対応

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.