検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ調査研究成果DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
E2002060021

登録(調査)年月

2002年06月現在

報告書等題名

平成13年度 国民生活選好度調査 家族と生活に関する国民意識

副題名

《ITによる家族への影響実態調査》収録

分類

研究開発・技術革新
労働者生活
労働者意識

実施組織名

内閣府国民生活局

報告書等

発表年月発表年月
2002年04月発表
発行元発行元
財務省印刷局
判型/ページ数判型/ページ数
A4判/51
発表・発表予定の別発表・発表予定の別
発表

要旨

 本報告書は、我が国の国民生活上の諸問題および国民の意識・ニーズを把握するため、日々の暮らしの中における、生活の安定と向上を実現するための基盤となる家族と生活意識に、焦点を当てた調査分析の結果をとりまとめたものである。

目次

I 調査の概要

II 調査結果のポイント

III 調査結果
 第1章 家族の意識
   1.親子の意識
   2.結 婚
   3.パラサイト・シングル

 第2章 女性の就業
   1.働き方
   2.在宅勤務

 第3章 老後の生活と介護
   1.老後の生活
   2.介 護

 第4章 家意識と遺産
   1.家意識
   2.遺 産

IV 調査票及び集計表
   1.調査票
   2.集計表

V 参考資料
   国民生活選好度調査の沿革

《平成13年度 ITによる家族への影響実態調査》

(1) 調査の概要

(2) 調査結果のポイント

(3) 調査結果
   1.IT利用の現状
    [1] ITの利用状況
    [2] インターネットの利用内容

   2.IT利用による家族への影響
    [1] コミュニケーションの変化
    [2] 生活行動の変化

(4) 調査票及び集計表
   1.調査票
   2.集計表

問い合わせ先

内閣府国民生活局

労働図書館所蔵・非所蔵の別

所蔵

研究する上で実施した検査

調査の有無調査の有無
実施した
調査方法調査方法
個別訪問留置法
調査対象等調査対象等
全国に居住する15歳以上80歳未満の男女
調査開始調査開始
2001年05月
調査終了調査終了
2001年06月
調査事項調査事項
家族の意識、女性の就業、老後の生活と介護、家意識と遺産、等

情報入手方法

アンケート以外
一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.