検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F1995120036

登録年月

1995年12月現在

論文題名

日本企業の海外生産活動と国内労働
カナ題名カナ題名
ニホン キギョウ ノ カイガイ セイサン カツドウ ト コクナイ ロウドウ

著者名

深尾 京司
カナ著者氏名カナ著者氏名
フカオ キョウジ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
424号
発行年月発行年月
1995年07月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

雇用問題一般

内容抄録

(著者抄録)
本論文では,データと既存の実証研究の成果に基づいて,海外生産活動が国内労働に与える影響全般について考察した。製造業における日本企業の海外生産比率は,内外の労働投入比で見て約1割であり,マクロ的に見た国内労働への影響はまだあまり大きくないと考えられる。たとえば,経営資源の流出が労働分配に与える長期効果は小さいとの試算結果を得た。また,海外生産比率が高い電機産業において内外の従業者の動向を見ると,国内における近年の雇用創出の低下は日系企業による海外での雇用創出をはるかに上回る規模で起きており,企業の海外進出以外の要因が重要な役割を果たしていることをうかがわせた。ただし,電機産業企業を対象にした実証研究によれば,現地法人の生産増は輸出の減少や逆輸入の増加を通じて本社の生産にかなり強い負の影響を持っており,今後海外生産が進行するにつれ,雇用問題が生じる可能性がある。

(論文目次)
   I はじめに
  II 直接投資の理論
 III 対外直接投資の国内労働への長期的な影響
  IV 対外直接投資の国内労働への短・中期的な影響
   V おわりに

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.