検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F1996061751

登録年月

1996年06月現在

論文題名

製造業下請制の賃金効果
カナ題名カナ題名
セイゾウ ギョウ シタウケ セイ ノ チンギン コウカ

著者名

石川 経夫
李 昇烈
カナ著者氏名カナ著者氏名
イシカワ ツネオ
イ スンリョル

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
430号
発行年月発行年月
1996年01月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

賃金・退職金

内容抄録

(論文目次)
   I はじめに
  II 下請制の実態
 III 分析方法とデータ
    1 分析方法
    2 データ
  IV 推定結果
   V 均等化差異の不成立
  VI 結論
(著者抄録)
本稿では『工業実態基本調査』と『賃金センサス』とのマッチデータを作成して下請制が賃金に及ぼす影響を分析した。その結果,(i)下請制は賃金率に対し企業規模自体と独立の影響を及ぼすこと,(ii)親企業への従属性の強い下請中小企業では押し下げ効果があり,女子の生産職でもっとも強く20%にも達し,続いて女子の事務職,男子の生産職の順となり,男子の事務職ではほとんど解消すること,逆に(iii)複数の親企業を持つ独立性の高い下請企業については,わずかながら賃金を押し上げる効果のあることがわかった。また,賃金の押し下げ効果が勤続年数の長さで測った仕事の安定性の程度によって補償されたり,(とくにその効果の強い女子の生産職労働者について)所定内労働時間が短いことによって補償されている明確な傾向は認められなかった。
このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.