検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F1996100140

登録年月

1996年10月現在

論文題名

コース別人事管理の意義と問題点
カナ題名カナ題名
コース ベツ ジンジ カンリ ノ イギ ト モンダイ テン

著者名

脇坂 明
カナ著者氏名カナ著者氏名
ワキサカ アキラ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
433号
発行年月発行年月
1996年05月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

女性労働問題

内容抄録

(著者抄録)
コース別人事制度の導入理由は均等法対応のケースと大卒女性や在籍女性従業員の活用のケースとに分かれる。後者のケースでは,かなり広範囲な部門で活用されている。しかし,新卒大卒女性活用のケースでは,勤めだしてからライフコースに対する考え方を変えるという欠点があり,コース転換制度による活用のケースでは,一般職の仕事と総合職の仕事のつながりの面で弱点をもつ。こういった欠点を克服するには,コース別人事制度を発展的に解消し1本の職能資格制度に戻すのがよい。そのためには,OAの推進だけでなく,一般職の代替としてのパートタイマーを本格的に活用すべきである。

(論文目次)
   I はじめに
  II コース別人事管理の定義と普及状況
 III コース別人事管理の意義
    1 コース別人事制度の導入理由
    2 女性総合職の採用
    3 総合職の仕事
    4 コース転換制度
  IV コース別人事管理の限界
    1 新卒女性の活用
    2 コース転換制度の機能
   V 職場タイプ・女性活用段階からの位置づけと展望
    1 コース別人事管理の発展的解消
    2 パートタイマーによる一般職の代替

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.