検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F1996100142

登録年月

1996年10月現在

論文題名

女子労働と就業継続
カナ題名カナ題名
ジョシ ロウドウ ト シュウギョウ ケイゾク

著者名

今田 幸子
カナ著者氏名カナ著者氏名
イマダ サチコ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
433号
発行年月発行年月
1996年05月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

女性労働問題

内容抄録

(著者抄録)
就業継続の問題は,男女の雇用機会の平等を実現する上で,とりわけ重要な位置を占める課題である。分析によれば,若いコーホートになるほど結婚直前から結婚にかけてのステージにおける雇用の継続傾向は著しく高まっている。だが,出産後1年つまり育児期での雇用の継続傾向は決して高まっているとはいえない。そこで,雇用継続を規定する要因について分析した結果,結婚年齢および高学歴が継続に効果を持つことが判明した。今後,晩婚化や高学歴化は進行することが予測されるので,そうした結果によって,結婚や出産・育児期での雇用継続の増加が予測できる。だが,この分析の結果は晩婚化がさらに進行することを含意しており,それが少子化や高齢化の進行につながる可能性を示唆している。したがって,雇用の継続は,女性の就業支援の面からだけでなく,わが国が直面している高齢化等のマクロな観点からも,強力な支援策が求められる課題であるといえる。

(論文目次)
   I はじめに
  II 男女雇用機会均等法と就業継続支援
 III M字型の変化と就業継続
  IV 結婚・出産と雇用の継続
    1 晩婚化が進む女性のライフコース
    2 結婚・出産と雇用継続
    3 雇用継続を規定する要因
   V おわりに

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.