検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F1996110121

登録年月

1996年11月現在

論文題名

近年の公的職業訓練の実情と課題
カナ題名カナ題名
キンネン ノ コウ テキ ショクギョウ クンレン ノ ジツジョウ ト カダイ

著者名

田中 萬年
カナ著者氏名カナ著者氏名
タナカ カズトシ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
434号
発行年月発行年月
1996年06月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

能力開発

内容抄録

(著者抄録)
この論文は,最近の公的職業訓練の実態と,その課題について述べている。今日の公的職業訓練の性格を決めている大きな要因は,「雇用保険法」と景気の低迷である。「雇用保険法」は1974年に制定された。この法は,職業訓練のあり方について規定した。その規定の中で,最も重要な点は企業内訓練の支援を第1に打ち出したことである。他方,景気の低迷は失業者のための職業訓練が重要となる。その失業者の訓練は公共職業訓練が担わなければならない。上記のように,労働省は複雑な職業訓練を展開しなければならない。そして今後の政策として,労働者の個性を尊重する職業訓練が目指されている。

(論文目次)
   I はじめに
  II 昭和49年「雇用保険法」の制定と「能力開発事業」の創設
 III 昭和60年「職業能力開発促進法」の制定と公的職業訓練の弾力化
  IV 平成4年改正「職業能力開発促進法」と職業能力開発の拡大
   V 公共職業訓練の意義と期待
  VI 第6次「職業能力開発基本計画」の特徴と今後の課題

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.