検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F1997060128

登録年月

1997年06月現在

論文題名

職場における人権保障法理の新たな展開
カナ題名カナ題名
ショクバ ニオケル ジンケン ホショウ ホウリ ノ アラタナ テンカイ

著者名

道幸 哲也
カナ著者氏名カナ著者氏名
ドウコウ テツナリ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
441号
発行年月発行年月
1997年01月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働法一般

内容抄録

(著者抄録)
最近労働裁判が増加傾向にあり,リストラに関連した事案とともに職場における人権保障の新たな在り方も争われている。私生活や職場における私的領域を重視するプライバシー権,労働を通じて自己実現をはかろうとする人格権が主に裁判例を通じて展開されている。明文の差別事由にとらわれない公平処遇法理ともいうべきものも主張され始めている。本論文は,裁判例の分析を通してプライバシー権を中心とした新たな権利の形成過程を検討し,理論的な課題を指摘するものである。そこでは,従属労働論や生存権とは異なった地平における法理が生成している。

(論文目次)
I はじめに
II 新法理の形成と展開
III プライバシー法理の展開
    1 変化するプライバシー意識
    2 裁判において争われているプライバシー侵害行為
    3 プライバシー法理構築のための理論課題
IV 人格権法理の展開
V 公平処遇法理の形成

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.