検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F1997060130

登録年月

1997年06月現在

論文題名

労働者の退職後の競業避止義務
カナ題名カナ題名
ロウドウシャ ノ タイショクゴ ノ キョウギョウ ヒシ ギム

著者名

小畑 史子
カナ著者氏名カナ著者氏名
オバタ フミコ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
441号
発行年月発行年月
1997年01月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働法一般

内容抄録

(著者抄録)
本稿は,労働者の,元使用者に対する,退職後の競業避止義務を巡る法理につき,検討を加えるものである。この問題に関しては,従来から学説や裁判例が議論を重ね,一定の方向性を明らかにしていたが,近年,裁判例に,若干の変化が見られる。すなわち,不法行為を巡る事件については伝統的枠組を踏襲するものが続いているが,その他の事件で,退職した労働者の競業を労働契約の債務不履行とする等,疑問の多い判示をなすものがある。また,退職後競業した場合に退職金を不支給とする条項を巡る事件や競業避止の特約を巡る事件で注目すべき動きが現れており,今後の展開が注目される。

(論文目次)
I はじめに
II 労働者の退職後の競業避止義務を巡る課題とその検討
    1 債務不履行
    2 懲戒解雇
    3 退職金減額・不支給条項
    4 競業避止特約
    5 不法行為
III 結びにかえて

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.