検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2000040046

登録年月

2000年04月現在

論文題名

中間管理職のスキル、知識とその学習
カナ題名カナ題名
チュウカン カンリショク ノ スキル 、 チシキ ト ソノ ガクシュウ

著者名

楠見 孝
カナ著者氏名カナ著者氏名
クスミ タカシ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
474号
発行年月発行年月
1999年12月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

人事労務一般

内容抄録

(著者抄録)
中間管理職に必要とされるスキルと知識の内容を、日本労働研究機構で実施した調査データに基づいて心理学的に検討した。その内容は、「タスク管理」「他者管理」「自己管理」であった。さらに、管理職には、環境の変化に対応して学習する態度が重要であった。その態度には、「挑戦性」「柔軟性」とそれに反する「無難志向性」があった。なお、中・大企業においては、管理職経験年数が長いほど、「柔軟性」が増すのに対し、小企業では、「無難志向性」が高まることを見いだした。最後に、管理職が経験から暗黙知を獲得するモデルを提案した。

(論文目次)
I はじめに
  1 従来の中間管理職研究の視点
  2 変革期の中間管理職に必要なスキルの内容
  3 認知心理学的研究の視点-暗黙知と熟達化
II 経営問題解決を支える暗黙知の構造-調査1
  1 方法
  2 結果と考察
III 経験からの学習を支える態度-調査2
  1 方法
  2 結果と考察
IV まとめ-変革期に必要な管理職の知識とスキルの学習モデル

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.