検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2000070089

登録年月

2000年07月現在

論文題名

養成工の配置政策とキャリア
カナ題名カナ題名
ヨウセイコウ ノ ハイチ セイサク ト キャリア

著者名

上野 隆幸
カナ著者氏名カナ著者氏名
ウエノ タカユキ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
476号
発行年月発行年月
2000年03月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

能力開発

内容抄録

(著者抄録)
高度経済成長期の日本では,養成工制度という技術者訓練システムが広く存在し,このシステムによる教育を受けた技術者を養成工という。養成工は現場の中核者として高い技術力を持ち,さらに監督者としても優れていた。すなわち養成工は生産性向上に重要な役割を演じ,結果として昇進のスピードが速かった。しかし実際には,同じ養成工の中でも昇進の早い者もいれば,遅い者もいた。実証データによれば,これは養成工が企業内の技術移転,つまり新工場や新ラインの立上げ等に対する,「役割の違い」によって決定されていると推測できる。ここから本論文では,養成工の技術移転に対する役割およびその全国配置の方法を仮説として提起する。

(論文目次)
I はじめに
II 養成工制度と養成工
III 養成工のキャリア
IV 結論

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.