検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2000090109

登録年月

2000年09月現在

論文題名

資産運用の技能形成
カナ題名カナ題名
シサン ウンヨウ ノ ギノウ ケイセイ

副題名

生保ファンドマネジャーの事例
カナ副題名カナ副題名
セイホ ファンド マネジャー ノ ジレイ

著者名

飛田 正之
カナ著者氏名カナ著者氏名
トビタ マサユキ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
478号
発行年月発行年月
2000年05月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

能力開発

内容抄録

(著者抄録)
本論は不確実性への対処が、仕事の成果に影響を及ぼす程度が極めて高いホワイトカラー職種の技能形成方式を、キャリアの聞き取りにもとづいて解明する。そこで、ごく少人数で巨額の保険、年金の資金を運用する大手生保2社の株式運用のファンドマネジャーを対象として、必要となる技能がいかなるものかを業務の過程を観察することにより明らかにし、それが入社からのキャリアを通じてどのように形成されるのかを、各社の人事部、そして運用のベテランである課長への聞き取り調査、および30数名の入社からの個別キャリアをもとに明らかにした。その結果、各社共通して次の結果が見いだされた。まず勤続年数に占める資産運用職能での経験年数が長いこと。その資産運用職能での経験は、運用業務に関連性が深い融資、調査等を経験していること。さらに運用を行う課内では投資種類、運用額、運用方法で、損失の可能性の低い運用から始まり、徐々に高いものを組み入れていく経験のさせ方があり、企業内で長期で技能を形成していく仕組みがとられていることが明らかとなった。

(論文目次)
I はじめに
II 必要となる技能
III 技能形成
IV むすび

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.