検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2000110004

登録年月

2000年11月現在

論文題名

90年代の所得格差
カナ題名カナ題名
90ネンダイ ノ ショトク カクサ

著者名

大竹 文雄
カナ著者氏名カナ著者氏名
オオタケ フミオ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
480号
発行年月発行年月
2000年07月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働経済

内容抄録

(著者抄録)
本稿では,1980年代,90年代において日本の所得格差が高まった理由について分析する。日本においてトレンド的に所得格差が高まっているのは,人口の高齢化が原因になっており,年齢内の所得格差の拡大は観察されていない。ただし,学歴別にみると40歳以上大卒者内の賃金格差の拡大は観察される。また,世帯レベルにおける所得格差の拡大の原因として,単身高齢者世帯,単身女性世帯の増加,女性の労働力率の増加といったことがあげられる。

(論文目次)
I はじめに
II 日本はアメリカよりも不平等なのか
III 高齢化が不平等化の主因
IV 技術革新と賃金格差
V 既婚女性の働き方の変化
VI なぜ格差拡大を実感するのか
VII パートタイム・フルタイム格差
VIII むすび

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.