検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2000110005

登録年月

2000年11月現在

論文題名

所得と資産の不平等
カナ題名カナ題名
ショトク ト シサン ノ フビョウドウ

副題名

年金資産不平等度貢献度の時系列変化
カナ副題名カナ副題名
ネンキン シサン フビョウドウド コウケンド ノ ジケイレツ ヘンカ

著者名

八木 匡
カナ著者氏名カナ著者氏名
ヤギ タダシ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
480号
発行年月発行年月
2000年07月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働経済

内容抄録

(著者抄録)
本論文では,貯蓄の不平等度と資産の不平等度との関係を明らかにした後,日本経済の資産と所得分配の時系列的変化を明らかにし,分配状態変化の要因について考察を行った。そして,年金資産の不平等度を時系列的に明らかにすることにより,社会保険を通じた資産分配の変化を明らかにした。分析の結果,所得の不平等度が傾向的に悪化してきているのに対し,貯蓄の不平等度は1980年代に比して90年代は小さくなっており,特にバブル崩壊直後は大きく不平等度が低下していることが示された。これに対し,年金資産の不平等度は所得の不平等とほぼ同一の動きを示し,傾向的に悪化してきており,年金資産の不平等度貢献度は傾向的に増大してきていることが示された。

(論文目次)
I 序論
II 所得分布と資産分布データ
III 貯蓄率の推移
IV 『家計調査』を用いた資産分布不平等度の推定
V 年金資産の不平等度貢献度
VI 不平等化の中身
VII 結語

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.