検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2001050009

登録年月

2001年05月現在

論文題名

21世紀の雇用関係と新たな労働のあり方を探る
カナ題名カナ題名
21セイキ ノ コヨウ カンケイ ト アラタナ ロウドウ ノ アリカタ ヲ サグル

著者名

ラッセル・D.ランズベリー
カナ著者氏名カナ著者氏名
Russel D. Lansbury

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
486(特別号)
発行年月発行年月
2000年12月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働問題一般

内容抄録

(著者抄録)
20世紀後半の労使関係における特徴の多くは,この約10年間においては,変容とまでいかなくても,かなりの進展を続けている。製品市場の国際化は労働者層に前例のない競争と分裂を強い,マイクロエレクトロニクスの出現とデジタルコミュニケーションの進歩は技術的なインフラストラクチャーを大きく変化させた。また,これらの新たな圧力に対抗して,多くの企業が柔軟な雇用契約とリーン経営システムを導入し,労働者数を削減している。これまで,組織労働者と雇用者は,多くの産業主義化された市場経済の場において,良好な協力関係の下に団体交渉を進展させてきたが,この協力関係も労働組合の勢力の低下とともに弱体化している。労働者,雇用者,および社会は,それぞれが抱く労働と雇用に関する期待と義務をあらためて考え直す必要が今あるのではないだろうか。
(論文目次)
I はじめに
II 変化しつつある労働の性格
III 職場における契約関係の変化
IV 新たな経営形態と労働形態―訓練に対する影響は?
V 結 論
このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.