検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2001050010

登録年月

2001年05月現在

論文題名

グローバル経済における労働基準保護
カナ題名カナ題名
グローバル ケイザイ ニ オケル ロウドウ キジュン ホゴ

著者名

ウィリアム・ブラウン
カナ著者氏名カナ著者氏名
William Brown

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
486(特別号)
発行年月発行年月
2000年12月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働問題一般

内容抄録

(著者抄録)
このトラックに関する報告には,二つのテーマが含まれている。第1のテーマは,国際貿易と多国籍企業の双方が各国に固有の労使関係のしくみにどう影響を与えているか,という点にかかわるものである。それぞれの国に特有の特徴は,変更されることがあってもすっかりぬぐい去られることはない。第2のテーマでは,国の労働基準がグローバル化によってレベルダウンするのを防ぐための政策を検討する。世界中で産業別の交渉による取り決めが損なわれ,労働組合が経営者の顔色をうかがわざるをえない状況になっている。しかしながら,一方では,国境を越えた自由貿易地域における労働基準を実現させる試みが成果をあげつつある事実も指摘されている。手法こそ大きく違え,EUとNAFTAは,政治的意志さえあれば貿易自由化プロセスの一部として労働者の権利が拡大されうることを,身をもって示している。
(論文目次)
I はじめに
II 多国籍企業における雇用慣行の伝播
III 国際的圧力にさらされる団体交渉
IV 国内労働法と国際的圧力
V 地域連合体―欧州連合とNAFTAの比較
VI ヨーロッパにおける経験
VII 国の措置が国際的脅威を緩和する可能性
VIII 労働基準の施行
IX 結論
このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.