検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2001050013

登録年月

2001年05月現在

論文題名

21世紀のアジア
カナ題名カナ題名
21セイキ ノ アジア

副題名

労働の課題と可能性
カナ副題名カナ副題名
ロウドウ ノ カダイ ト カノウセイ

著者名

ジョセフ・S.リー
カナ著者氏名カナ著者氏名
Joseph S. Lee

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
486(特別号)
発行年月発行年月
2000年12月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働問題一般

内容抄録

(著者抄録)
アジア経済のグローバル化や産業化は,同地域の労使関係・人的資源管理システムやその慣行に収斂と継続的な多様化とをもたらしている。1997年のアジアの金融危機は,アジアの多くの国々に景気の低迷と高い失業率を引き起こした。この危機から学ぶべき教訓の一つは、労使関係と技能形成,投資との間にある連関を無視してはならないということである。この連関がなければ持続的な成長を達成することは不可能である。アジアの経済発展はアジアの多くの国々に政治的,産業的な面での民主化をもたらした。しかしながらアジアの労働組合は脆弱であり,そのため従業員や使用者,行政が情報を共有し,職業や社会の問題を協力して解決できるよう,労働組合に代わるものとして労使協議会や政労使協議会が提案されてきた。
(論文目次)
I アジアにおける最近20年間の主な展開
II アジアでの産業化,グローバル化,労使関係・人的資源管理システムの収斂とは
III アジア金融危機がアジア諸国の労使関係・人的資源管理システムに与えた影響
IV 労使協議会,社会協定,三者間協議
V 21世紀のアジアにおける労働の課題と可能性
このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.