検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2001050020

登録年月

2001年05月現在

論文題名

日本におけるコーホート・サイズ効果
カナ題名カナ題名
ニホン ニ オケル コーホート サイズ コウカ

副題名

キャリア段階モデルによる検証
カナ副題名カナ副題名
キャリア ダンカイ モデル ニ ヨル ケンショウ

著者名

岡村 和明
カナ著者氏名カナ著者氏名
オカムラ カズアキ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
481巻
発行年月発行年月
2000年08月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働経済

内容抄録

(著者抄録)
本稿では,世代という属性が賃金構造に及ぼす効果(世代効果)のうち,コーホート・サイズ効果(コーホート・サイズの拡大による賃金押し下げ効果)に注目し,Welch(1979)のキャリア段階モデルに基づいてコーホート・サイズ効果の定量的な分析を試みた。その結果,大卒男子において有意なコーホート・サイズ効果が観察されたものの,キャリア段階モデルの予想に反して,コーホート・サイズ効果は職場経験を積み重ねても解消されないことが明らかになった。また女子についても同様の分析を行ったところ,大卒女子において有意なコーホート・サイズ効果が得られた。しかしながら大卒男子の場合と異なり,大卒女子のケースではコーホート・サイズ効果は職場経験を通じて解消されることが明らかとなった。


(論文目次)
I 序
II キャリア段階モデル
III 実証分析
IV むすび

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.