検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2001050021

登録年月

2001年05月現在

論文題名

パネルデータによる男女別規模間賃金格差に関する実証分析
カナ題名カナ題名
パネルデータ ニ ヨル ダンジョベツ キボ カン チンギン カクサ ニ カンスル ジッショウ ブンセキ

著者名

奥井 めぐみ
カナ著者氏名カナ著者氏名
オクイ メグミ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
485巻
発行年月発行年月
2000年12月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働経済

内容抄録

(著者抄録)
日本では規模間賃金格差が存在し,労働市場が二重構造である。しかし,規模間で観察されない労働者の能力に差がある場合に,クロスセクション分析によって得られる規模間賃金格差には,その能力の規模間格差が影響して見せかけの規模間賃金格差となっている可能性がある。本研究は『消費生活に関するパネル調査』を利用して,同一労働者が異なる規模の職場に移った場合に得られる賃金の変化率,すなわち,純枠な規模間賃金格差が存在するかを男女別に推計するものである。分析の結果,男性ではクロスセクション規模間賃金格差の少なくとも半分以上が純枠な規模間賃金格差で説明されるが,女性では,クロスセクション規模間賃金格差のほとんどが労働者の観察されない能力に規模間格差があることにより説明できることが示された。
(論文目次)
I はじめに
II 日本の規模間賃金格差
III データの説明
   1 利用データとサンプルの限定
   2 標本の特性
IV 規模間移動者の人数構成
V 推計方法
   1 クロスセクション規模間賃金格差
   2 純枠な規模間賃金格差
   3 規模間能力格差
VI 推計結果
   1 各年のクロスセクション分析の推計結果
   2 階差モデルの推計結果
   3 規模間能力格差の推計結果
VII むすび
このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.