検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2001050092

登録年月

2001年05月現在

論文題名

労働組合の存在と企業の雇用拡大と縮小
カナ題名カナ題名
ロウドウ クミアイ ノ ソンザイ ト キギョウ ノ コヨウ カクダイ ト シュクショウ

副題名

雇用成長率に対する組合効果の分析
カナ副題名カナ副題名
コヨウ セイチョウリツ ニ タイスル クミアイ コウカ ノ ブンセキ

著者名

野田 知彦
カナ著者氏名カナ著者氏名
ノダ トモヒコ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
485巻
発行年月発行年月
2000年12月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労使関係一般

内容抄録

(著者抄録)
本稿では,労働組合が雇用の成長率に与える効果について,未上場企業のパネルデータを用いて分析を行った。その結果,推定期間の平均従業員300人以上の企業では,組合の雇用成長率に対する効果は,好況期にはマイナスだが,逆に不況期にはプラスになっている。そして,300人未満の企業では,このような効果はみられなかった。300人以上の企業では,組合の雇用保障に対する効果が存在するために,解雇・希望退職を含んだ大規模な雇用調整を実施しにくく,そのことが足かせとなって好況期の雇用量の増加に慎重になっていると考えられる。そして,不況期には,組合員の雇用を守っているために,プラスの効果があると考えられる。規模の大きな企業では,組合の雇用保障を求める行動は,結果的に新規採用者などに対する需要を減少させることになっている。
(論文目次)
I はじめに
II 労働組合の経済効果に関するサーベイ
III 労働組合と雇用
IV データ
V 実証分析
VI 結果の解釈
VII 結びに代えて

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.