検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2001050113

登録年月

2001年05月現在

論文題名

パート労働の職域と労使関係
カナ題名カナ題名
パート ロウドウ ノ ショクイキ ト ロウシ カンケイ

副題名

百貨店業A社の事例
カナ副題名カナ副題名
ヒャッカテン ギョウ Aシャ ノ ジレイ

著者名

佐野 嘉秀
カナ著者氏名カナ著者氏名
サノ ヨシヒデ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
481巻
発行年月発行年月
2000年08月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

パート・派遣等労働問題

内容抄録

(著者抄録)
本稿では,百貨店の事例研究をつうじ,パート労働の職域形成の実態と論理を分析した。分析結果によれば,経営は,販売利益の確保や職場運営の能率維持を,一方,労働組合は,社員の労働強化の抑制を主な目的として,社員とパート労働者の職域区分の規準を設定している。そして,最終的には,労使の設定する規準を参照しつつも,それから準自律的な職場集団が,要員構成や技能構成,労働需要にかんする各売り場の個別的状況にそくして,個々の社員やパート労働者へ柔軟に仕事を割り振る。それにより,販売利益の確保や,職場運営の能率の維持,社員の労働強度の軽減といった,経営や労働組合の職域規準設定の意図が効果的に実現されている。

(論文目次)
I はじめに
II 事例のプロファイル
III 経営によるパート労働の活用
IV 職域設定と経営戦略
V 労働組合の職域への発言
VI 売り場運営における派遣店員への依存
VII 売り場における職域形成の実態
VIII 要約と結論

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.