検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2001050239

登録年月

2001年05月現在

論文題名

大学卒業生の就職と会社への初期適応過程
カナ題名カナ題名
ダイガク ソツギョウセイ ノ シュウショク ト カイシャ ヘノ ショキ テキオウ カテイ

副題名

新構想キャンパスの卒業生動向調査
カナ副題名カナ副題名
シンコウソウ キャンパス ノ ソツギョウセイ ドウコウ チョウサ

著者名

榊原 清則
カナ著者氏名カナ著者氏名
サカキバラ キヨノリ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
479号
発行年月発行年月
2000年06月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働者意識

内容抄録

(著者抄録)
若年層が転職しやすいとか、就業意識に変化が出ているとかいわれるが、実態はどうだろうか。本稿はその問題を、慶應義塾大学の新設キャンパスである湘南藤沢キャンパス(SFC)の卒業生についてみてみた。卒業後3年以内の卒業生を観察すると、転職そのものはまだ少ないが、会社への適応で困難を抱えている者の多いことがわかった。また、少なからぬ卒業生がいわゆる就社でも就職でもなく、働く場のありようにこだわる「就場」の意識を持っていることもわかった。そしてこの場合、会社内でのイニシエーションで特殊な困難を経験するように思われた。

(論文目次)
I はじめに
II 転職動向
III 三つのおもな発見
IV 就業の三つのバリエーション
V 初期キャリアにおけるイニシエーション類型
VI 二つのバリエーション
VII 結論

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.