検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2001080056

登録年月

2001年08月現在

論文題名

60歳代前半の雇用継続を実現するための課題
カナ題名カナ題名
60サイダイ ゼンハン ノ コヨウ ケイゾク ヲ ジツゲン スル タメ ノ カダイ

著者名

藤村 博之
カナ著者氏名カナ著者氏名
フジムラ ヒロユキ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
487号
発行年月発行年月
2001年01月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

高齢者労働問題

内容抄録

(著者抄録)
2001年4月より,厚生年金の基礎年金部分の支給開始年齢が,61歳に引き上げられることに伴って,60歳代前半の雇用をどうするかという議論が活発になってきた。この小論は,60歳代前半層の雇用継続を実現する場合に,企業内で解決すべき課題は何かを整理したものである。定年後の雇用継続というと,課題が山積しているように言われているが,実際に個々の事例を見ていくと,問題はさほど大きくない。それは,就労を希望する人がまだ少ないことと,企業内には,案外,高齢者向けの仕事があるためである。60歳代前半層にどのような仕事を用意できるのか(適職開発),彼らにどれだけの賃金を払えばいいのか,65歳まで現役であり続けるためにはどのような能力開発方式がふさわしいのか,といった点について検討する。
(論文目次)
I はじめに-問題の所在
   定年の意味
   60歳プラスαは現実的選択
II 60歳代前半層の雇用を考える枠組み
   労働需要側の状況
   労働供給側の状況
III 企業の取り組み状況
   1 資料
   2 仕事内容(適職開発)
   3 処遇体系の再編
   4 能力開発
IV 従業員側の考え方
   1 資料
   2 仕事内容
   3 処遇制度について
   4 能力開発
V まとめ

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.