検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2002040021

登録年月

2002年04月現在

論文題名

3次元CAD技術による製品開発プロセスの変革
カナ題名カナ題名
3ジゲン CAD ギジュツ ニ ヨル セイヒン カイハツ プロセス ノ ヘンカク

著者名

青島 矢一
延岡 健太郎
カナ著者氏名カナ著者氏名
アオシマ ヤイチ
ノベオカ ケンタロウ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
498号
発行年月発行年月
2001年12月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

研究開発・技術革新

内容抄録

(論文目次)
I はじめに
II 3次元CAD技術が製品開発にもたらす効果―仮説
   1 3次元CADの直接効果:情報転写の簡略化とシミュレーションの精度向上
   2 3次元CADの間接効果:開発プロセスへの影響
   3 3次元CAD導入上の問題:組織的対応の欠如
III 調査方法と分析モデル
   1 調査方法
   2 分析に使用された変数
   3 分析モデル
IV 分析結果
   1 3次元CADの利用が開発プロセスの変化に与える影響
   2 3次元CADの導入とプロセス変化が開発成果に与える影響
   3 3次元CADの利用がもたらす負の効果
V ディスカッション―3次元CAD導入過渡期のパラドックス
VI 要約と結論

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.