検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2003070002

登録年月

2003年06月現在

論文題名

NPOの労働需要
カナ題名カナ題名
NPO ノ ロウドウ ジュヨウ

副題名

国際および環境団体の雇用に関する実証分析
カナ副題名カナ副題名
コクサイ オヨビ カンキョウ ダンタイ ノ コヨウ ニ カンスル ジッショウ ブンセキ

著者名

宮本 大
カナ著者氏名カナ著者氏名
ミヤモト ダイ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
515号
発行年月発行年月
2003年06月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

労働問題一般

内容抄録

(著者抄録)
本稿は、これまで取り上げられてこなかったNPOの労働需要に焦点を当て、実証分析を行った。分析によると、無給/有給職員の雇用比率と各職員の労働需要は、PO(営利企業)における利潤最大化とは異なり、収支均等の制約のもとで生産量(財やサービス)を最大化することから説明できる。NPO間における雇用比率は、職員間の雇用費用と生産寄与度の差異によって決定される。また、有給職員の労働需要に対する収入の弾力性は他の変数と比べて大きく、税制の優遇措置などを通じてNPO収入が増加することで有給職員の雇用創出が期待できる。こうした結果は、NPOが雇用の受け皿として機能する可能性を示唆するものである。
(論文目次)
I はじめに
II データからみたNPOの特徴
III NPOの雇用行動に関する説明
IV NPO雇用に関する実証分析
  1 無給職員と有給職員の雇用比率
  2 NPO職員の労働需要
V おわりに
参考文献

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.