検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2003070004

登録年月

2003年06月現在

論文題名

職務パフォーマンス研究の展開
カナ題名カナ題名
ショクム パフォーマンス ケンキュウ ノ テンカイ

副題名

わが国への適用可能性
カナ副題名カナ副題名
ワガクニ ヘノ テキヨウ カノウセイ

著者名

関口 倫紀
カナ著者氏名カナ著者氏名
セキグチ トモキ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
515号
発行年月発行年月
2003年06月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

人事労務一般

内容抄録

(著者抄録)
本論文では、米国を中心に展開される職務パフォーマンス研究を展望し、この研究成果が、わが国の人的資源管理にどの程度利用可能かを検討することを目的とする。そこで、職務パフォーマンス研究を、基準変数としての職務パフォーマンス概念自体の検討、および予測変数としての各種規定要因に関する研究とに二分し、それぞれについて米国の研究成果を展望した後、わが国の人的資源管理への適用可能性について議論する。本論文で展望された研究成果がわが国の人的資源管理に与える含意は、以下の2点に集約できる。第1点は、職務パフォーマンスという概念を、多次元的で職務遂行と職務成果の両方を含む幅広い概念として捉えることが、従業員の行動の質を高めるための人的資源管理を考える上で有益であろうということ。第2点は、各種規定要因が複雑な因果関係プロセスによって多元的な職務パフォーマンスおよびその時系列推移に影響を与えるという包括的な理解を深めることによって、それを企業の人的資源管理の組み立て方に適用していくことが可能だということである。
(論文目次)
I はじめに
II 職務パフォーマンス概念の検討
  1 職務パフォーマンスの定義
  2 職務パフォーマンスの次元
  3 職務パフォーマンスと職務成果、職務遂行
  4 職務パフォーマンスの多次元性とわが国の人的資源管理
III 職務パフォーマンスの規定要因の研究
  1 妥当性一般化研究の発展
  2 職務パフォーマンスと規定要因の包括的理解
  3 わが国の人的資源管理への適用可能性
  4 人的資源管理類型への適用
参考文献

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.