検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2003080116

登録年月

2003年08月現在

論文題名

構造的失業とは何か
カナ題名カナ題名
コウゾウテキ シツギョウ トハ ナニカ

著者名

玄田 有史
近藤 絢子
カナ著者氏名カナ著者氏名
ゲンダ ユウジ
コンドウ アヤコ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
516号
発行年月発行年月
2003年07月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

失業

内容抄録

(著者抄録)
構造的失業は、労働需要の不足が経済構造を持続的に変化させることから生じる失業である。ミスマッチと需要不足の区別が構造的失業を把握する本来の目的ではない。実際、「希望する仕事がない」といったミスマッチと需要不足の両面を持つ失業が、1999年以降、顕著に増加している。就業への「希望」形成に持続的な影響を与える構造変化の解明が、失業問題の考察には不可欠となる。
(論文目次)
I はじめに
II 構造的失業の意味
III UV分析の課題
IV 失業者の意識
V 正社員志向と求職密度
VI むすび
参考文献

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.