検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

一覧に戻る
F2003080121

登録年月

2003年08月現在

論文題名

失業・犯罪・年齢
カナ題名カナ題名
シツギョウ・ハンザイ・ネンレイ

副題名

時系列データによるマクロ分析
カナ副題名カナ副題名
ジケイレツ データ ニヨル マクロ ブンセキ

著者名

津島 昌寛
カナ著者氏名カナ著者氏名
ツシマ マサヒロ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
516号
発行年月発行年月
2003年07月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

失業

内容抄録

(著者抄録)
近年、犯罪の増加、凶悪化の原因として、失業率の上昇が盛んに取り沙汰されている。しかしどれだけ確実な根拠に基づいて、そういった推論が行われているのだろうか。はたして、犯罪は失業に連動しているのか。失業が増えると、犯罪は増えるのか、減るのか、それとも関係ないのか。もし連動するのであれば、両者に時間のずれ(タイムラグ)はあるのか。そこに年齢は関与してくるのか。本稿は、これらの問いかけをマクロ的視点から検証する。IIでは、失業と犯罪の関係についての知見を紹介する。失業と犯罪を結びつけるロジックは何なのか。IIIでは、失業率と犯罪(強盗・障害・窃盗)の検挙人口比の年次データを用いて、両者の関係を分析する。そこでは、年齢別の比較を行うと同時に、分布ラグモデルを使って、犯罪発生にあたえる失業の長期にわたる影響も調べる。IVでは、IIIの結果を整理し、検討を進める。
(論文目次)
I はじめに
II 失業と犯罪
  1 失業増にともなう犯罪増加
  2 失業増にともなう犯罪減少
III 時系列分析-分布ラグモデル
  1 失業と犯罪の変遷
  2 分布ラグモデル
  3 結果
IV 考察
V あとがき

全文情報

一覧に戻る このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.