検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2003090113

登録年月

2003年09月現在

論文題名

若年期の蓄積とキャリアの終盤
カナ題名カナ題名
ジャクネンキ ノ チクセキ ト キャリア ノ シュウバン

副題名

大学教育、移動、生え抜き役員昇進
カナ副題名カナ副題名
ダイガク キョウイク、イドウ、ハエヌキ ヤクイン ショウシン

著者名

大谷 剛
梅崎 修
松繁 寿和
カナ著者氏名カナ著者氏名
オオタニ ゴウ
ウメザキ オサム
マツシゲ ヒサカズ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
517号
発行年月発行年月
2003年08月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

人事労務一般

内容抄録

(著者抄録)
本研究では、同一大学、同一学部という一つの出口から排出されてきた者を対象に、キャリアの終盤における最終的な差が何によって生じるのかを観察した。前半では、役員昇進と生え抜き・非生え抜き化の二つの分化軸間に相関が観察されることを考慮し、それらの2方向への動きを同時に取り扱いながら、大学での成績、大学への合格確率や若年期の移動が、分化に与える効果を分析した。結果、役員昇進に関しては、成績や合格確率それに30歳未満の事業所間移動回数が正で有意であることから、若年期の蓄積が影響を与えている可能性が示された。生え抜き・非生え抜き化に関しては、出向戻りを経験した者はキャリアの終盤においては生え抜きとしてとどまる可能性の高いことがわかった。後半では、分化によって、所得や満足度にどのような差異が生じるかを探った。結果、生え抜き役員と非生え抜き役員の所得が生え抜き部長と非生え抜き部長よりも高く、従業員規模などの企業属性をコントロールすれば非生え抜き化により所得が下がるわけではないことが示唆された。この結果から、先行研究における非生え抜き化にともなう所得の減少は、企業規模の小さいところへの移動によるためではないかとの議論がなされた。一方、満足度に関しては4グループ間に統計的には差が見られなかった。
(論文目次)
I 序論
II 先行研究と本稿の課題
III 推定モデルと使用データ
  1 推定モデルの説明
  2 使用データ
IV キャリアの終盤を決定する要因
  1 変数の説明と予測される結果
  2 推定結果
V グループ間比較
VI 結論
参考文献

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.