検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2004010067

登録年月

2004年01月現在

論文題名

パートタイム雇用の拡大はフルタイムの雇用を減らしているのか
カナ題名カナ題名
パートタイム コヨウ ノ カクダイ ハ フルタイム ノ コヨウ ヲ ヘラシテ イルノカ

著者名

石原 真三子
カナ著者氏名カナ著者氏名
イシハラ マミコ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
518号
発行年月発行年月
2003年09月
発行元発行元
日本労働研究機構

分類

パート・派遣等労働問題

内容抄録

(著者抄録)
本稿では1991年から2000年にかけてのパートタイム労働者の雇用拡大を、雇用創出と雇用喪失の視点から分析した。経済全体でみると、95年以降フルタイム労働者は雇用純減、パートタイム労働者は雇用純増が続いており、パートの雇用拡大がフルタイムの雇用減少を生んでいるように見える。実際、パートタイムの雇用創出の視点からみると、90年代後半にはその4割以上がフルタイムの雇用減少を伴っており、「人件費削減のため正社員を減らしてパートの採用を増やす」という説明は、パートの雇用拡大の要因のひとつと考えられる。しかし一方で、フルタイムの雇用の8割以上がパートタイムの増加とかかわりなく失われ、パートタイムの雇用の半分以上はフルタイムの雇用喪失を伴わずに増えている。このとき「正社員を減らしてパートの採用を増やす」という説明が説得力をもつとは言い難い。企業の生産に影響を与える技術変化など、別の要因もまた、考慮されなければならない。
(論文目次)
I はじめに
II データと分析の方法
III パートタイム・フルタイム別の雇用創出・喪失の動向
IV フルタイム労働者の雇用とパートタイム労働者の雇用の関係
V パートタイム雇用拡大の背後で何が起こっているのか
VI おわりに
参考文献

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.