検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2004010261

登録年月

2004年01月現在

論文題名

諸外国における年齢差別への取組み
カナ題名カナ題名
ショガイコク ニオケル ネンレイ サベツ ヘノ トリクミ

著者名

櫻庭(中村) 涼子
カナ著者氏名カナ著者氏名
サクラバ(ナカムラ) リョウコ

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
521号
発行年月発行年月
2003年12月
発行元発行元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構

分類

高齢者労働問題

内容抄録

(著者抄録)
近年、中高年齢者の雇用確保が重要な政策課題となっており、年齢差別禁止法の導入が検討されている。そこでは1967年制定の米国法が参照される。一方、EU加盟国の多くは、年齢による雇用管理を不公正な差別として把握していなかった。それら諸国もEC指令に対応して、将来的には年齢差別禁止法を導入しなければならないが、広範な例外を設ける可能性がある。米国、カナダ等の先行する年齢差別規制でも、法の適用対象年齢の上限・下限が存在するか、定年制を許容するか、差別的効果法理が適用されるか等の点で違いがみられる。このように諸外国の年齢差別への取組みには多様なアプローチがある。
(論文目次)
I はじめに
II アメリカおよびその他の英米法系諸国
  1 アメリカ
  2 その他の英米法系諸国
III EC指令採択前の加盟国の状況
  1 年齢差別を禁止していなかった諸国
  2 年齢差別を禁止していた諸国
IV 2000/78/EC指令の年齢差別規制
  1 EC指令の年齢差別規制の採択経緯と趣旨
  2 EC指令の年齢差別規制の内容
V EC指令採択後の加盟国の状況
  1 EC指令の国内法化が未整備の諸国
  2 EC指令採択後に年齢差別を禁止した諸国
VI おわりに

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.