検索に戻るDB選択画面に戻る

独立行政法人 労働政策研究・研修機構

お知らせ論文DBについて利用規約ヘルプ
文字サイズ
小さく
標準
大きく

null

F2004010266

登録年月

2004年01月現在

論文題名

職場のメンタルヘルスの現状と課題
カナ題名カナ題名
ショクバ ノ メンタルヘルス ノ ゲンジョウ ト カダイ

著者名

荒武 優
廣 尚典
島 悟
カナ著者氏名カナ著者氏名
アラタケ ユタカ
ヒロ ヒサノリ
シマ サトル

掲載誌名

日本労働研究雑誌
巻号巻号
520号
発行年月発行年月
2003年11月
発行元発行元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構

分類

労働災害・安全衛生

内容抄録

(著者抄録)
 最近、ストレスを抱えている労働者が増えており、平成14年には6割にのぼっている。行政からは、精神障害の労災補償の判断指針が公表されたり、メンタルヘルス指針も公示されるなど、メンタルヘルス対策の重要性がうたわれている。しかしながら実際の現場では近年の不況により、ストレス要因である過重労働を削減することが困難であったり、ストレスを軽減するための適正配置をできる選択肢が減少してきている等の問題がある。また、自殺者の急増が話題となっているが、うつ病をはじめとするメンタルヘルスの問題が関与している例も少なくない。事務所のリスクマネジメントとしても、労働者の士気を高めるためにも、今後、職場のメンタルヘルスはますます重要となるであろう。
(論文目次)
I 職場におけるメンタルヘルスの現状
II THPと快適職場の形成
III 「メンタルヘルス指針」の概要
IV メンタルヘルス対策の困難さ
V 精神障害における労災補償
VI うつ病、自殺に関する対策
VII 復職に関する課題

参考文献

全文情報

このページのトップへ
Copyright(C) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 All Rights Reserved.